北海道でダイビングってできるの?

最近マリンスポーツの一つとして人気のダイビング。「ダイビング」と聞くと、沖縄など南の海をイメージしてしまいますよね。

でも、実は北海道でもダイビングは楽しめることをご存知ですか?そこで今回は、代表的な北海道のダイビングスポット3つをご紹介してみます。

積丹ブルーの海で、北海道ダイビング!

一つ目のダイビングスポットは、札幌市からも近い積丹半島。

積丹半島の海は「積丹ブルー」といわれるほど透き通ったきれいな海で、透明度はなんと25m以上にもなります。札幌市から車で2時間ほどで行けるので、札幌から日帰りで楽しめるダイビングスポットしても人気。冬場にはトドやミズタコなど、北海道の冬ならではの生き物を沢山見ることができるのでオススメです。

透明度バツグン!支笏湖での湖ダイビング

2つ目のスポットは支笏湖です。支笏湖は、珍しい湖でのダイビングが楽しめるスポットとして人気が高い場所なんですよ。

支笏湖は千歳市に位置していますが、札幌市から車で1時間半。新千歳空港からも30分ほどで着くことができ、アクセスも抜群です。何度も水質日本一に選ばれるほど美しい湖で、ダイビングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

知床半島・世界遺産の海で流氷ダイビング

最後にご紹介するダイビングスポットは、世界遺産にも選ばれた大自然が残る知床半島です。

知床半島でのダイビングのおすすめは、冬場の流氷が押し寄せる海での「流氷ダイビング」。海の妖精とも言われるクリオネの泳ぐ海でのダイビングは、まさに北海道ならではの醍醐味だといえるでしょう。温泉も近いので、冷たい北の海を潜った後はゆっくり温泉につかるのもオススメですよ。

いかがでしたか?南の海では味わえない、北海道のダイビングをぜひ楽しんで見てくださいね!

北海道の旅行といえば大自然と美味しいグルメありきといっても過言ではないでしょう。大自然のスケールの大きさは日本一です。その豊かな大地で育てられた産物も美味しいものばかりです。

関連記事